第1758回例会

会長あいさつ 吉田 孝会長

3月は「水と衛生月間」です。世界では、きれいな水を利用できない人が7億4,800万人、衛生的なトイレや水の設備を使えない人は25億人と言われています。そんな中で、気になるニュースを見つけました。

アメリカ・ミシガン州フリント市で、川から引いた水を浄水する施設の “手抜き作業” によって病気など様々な問題が発生し、地域のロータリークラブが修復作業に携わっているということです。コスト削減のために活性炭の使用やオルトリン酸の添付を怠ったことが原因で、鉛中毒も発生しているようです。

鉛中毒にかかると、子どもの学習能力や適応能力の低下という “行動障害” をひき起こす恐れがあり、文字が覚えられなくなったり静かに着席できないといった症状が表れるそうです。加えて重大な問題は、10代になるまで発症しないということです。

残念ながら、現在では鉛中毒を治す医療技術はありません。まだまだ鉛管が使用されている地域もあると聞いていますが、大きな問題が起こらないことを祈っています。

 

卓話「私の企業」

Hamee株式会社代表取締役社長

樋口敦士様


 

 

 

 

私が企業を始めたのは大学3年のときで、生まれ育ったこの地でストラップのネット通販をスタートさせました。現在はモバイルアクセサリーの通販を手がけながら、そのバックオフィスを支えるシステムを開発して提供しています。

ところで、小田原で起業する人が最近目立っているように感じます。ITやIOT、デザイン、旅行コンシェルジュ、パン屋など今までにはない分野での進出が多く見受けられます。私は「新幹線が通るので東京に場を構える必要はないだろうし、過多な情報も冷静に取捨選択できる。100年以上も続く老舗が多く、永く生業を営んでいるということは長期的視線に立っているということ。一歩一歩確実性をもって進めたいという人には最適の場所ではないか」という持論を持っています。

私個人的にも、このクラブの一部の方とは昔から交流もあり、今もお世話になっていますし、そういう形の付き合い方は都会ではできないように思います。起業がもっと盛んになるような街になって欲しいという希望がありますので、大先輩の皆様方から若者の起業促進へのお力添えとご奉仕をお願いしたいと思います。

今ふり返ると、この小田原で始めて本当によかったと思っていますし、ここでなければ途中でつぶれていたのではないかと考えることもあります。

話を戻しますが、1995年にアマゾン、翌96年にヤフーがスタートし、高齢化社会を考えると “家に居ながら物品を注文できて届けてくれるシステム” に着目したのです。ですが初めはうまくいかず、アルバイトなどで生計をたてていました。そんなある日のこと、石を加工したアクセサリーを、安く露店で売っている光景を沖縄で目にしました。これにヒントを得て、その頃にはやり始めていたストラップに目をつけました。女子高生を対象に徹底したリサーチのお陰で大ヒット、雑誌にも取り上げられるようになったのです。でも、決して順風満帆だった訳ではなく、金策に駈け回ったこともあって将来に備えての健全な作業環境と運営を図るために、IT化を進めました。そのシステムを同業者へ提供するなど、新しい “柱” として考えるようになったのです。そして、モバイルアクセサリーを「ハッピーモバイル(Happy mobile)」と名付け、ネット通販を簡単にするシステムを「イージー イー コマース(easy e-commrce)」とネーミングし、各々の頭文字(Hamee)をとって社名にしました。

どうにか軌道にのせることができて今日まできましたが、これも皆様方のお陰と感謝しています。現在、ハッピーモバイル部門ではスマホのケース、ブルートゥースで接続できるスピーカーやイヤホンなどを中国、韓国で製造しています。イージーイーコマースのシステム部門ではプログラミングが主ですが、将来的には物とネットと通信を掛け合わせたようなIOTを事業にしてみたいと思い、そのための準備を始めています。

“おもちゃ”という切り口から入っていきたいという考えがあります。製品を販売することができれば

データが蓄積され、弊社のシステムを使って頂いているユーザー様のデータも同じサーバーに入れることが可能で、このビックデータを所有することができます。それをAIで分析して、ユーザーの方々がもっと簡単に製品の販売をすることができるサービスを提供できるというポテンシャルを、私たちは秘めていると思っています。

私は日頃から社員に「クリエイティブ魂に火を付けていこう!」と伝えています。

世界中の大手企業が狙っているので、競争も激しく安易には進まないでしょうが、引き続きこの地で事業を進めていく所存ですので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

第1757回例会

会長あいさつ 吉田 孝会長

当クラブの優良職業人表彰と、川田会員の企業の表彰の記事が掲載された「タウンニュース」を回覧いたしますので、ご覧ください。

今日は、ロボット化について少し話をさせて頂きます。皆様もよくご存知のように、様々な分野でロボットが進出していますが、ある情報紙は「このままロボット化が進むと、失業者の増加を招く」と警告しています。自動化の波がおよびそうな幅広い職種をめぐって不安が高まる中、ビル・ゲイツ氏やフランス左派の新旗手ブノワ・アモン氏など様々な人たちが「政府は人間と機械のバランスを正すために、ロボットへの課税を用いるべきだ」との考え方を支持しています。例えば、車の自動運転化が進むとドライバーが不要になるというように雇用を破壊し、適応力の低い労働者が置き去りにされかねないという事態に陥り、恩恵にあずかるのは高所得の労働者と資本の所有者だけ。

こういう現状への対応と解決策がすぐに見つかるかは別として、次の自動化の波が穏やかになるように手を打つ必要があることは間違いないでしょう。

来週の例会で、ソフトバンクの「ペッパー」を会場に置きますのでお楽しみください。

 

クラブフォーラム「クラブ細則の改定案について」

金子義明クラブ細則検討委員長

 

 

 

 

 

2月9日に歴代会長会を開催してご意見を伺ったところ、全部と言っていいほど「今回の方針変更はハードルが低すぎるので、現状のような厳しさのある活動が望ましい。人生の道場として、また人材育成の場として活用できるようにして欲しい」という内容のものでした。その後、2月15日に小田原ロータリークラブ主催による「後藤パストガバナーによる規定審議会報告ならびに細則変更研修会」に私と吉田会長と井島会員が出席いたしました。

3年に1度開かれるRIの規定審議会ですが、今回出席された後藤パストガバナーは「今度の変更は少し違和感があると思う。各クラブの自主性を重んじる形が望ましいし、クラブ主導で進んで欲しい」と感想を述べられました。

こうした結果をふまえ、2月16日にクラブ細則検討委員会を開いて、資料のような細則改定案を作成した次第です。

このあと、配布資料をもとに吉田会長から説明がありました(資料の赤字部分が現時点での改定案)。

 

第3条第1節(文中)

「立候補者は1週間の期限内に書面を以って理事会に届け出るものとする。期限内に立候補者の届け出がない場合、または総会において立候補者が選任されなかった場合には指名委員会が候補者を指名し年次総会に諮って選任される。」に改定。

第5条第1節(文中)

「また7月の1回目または2回目の例会時にクラブ協議会を開催し、各委員会の担当理事または委員長が当年度の事業活動計画を報告することとする。」に改定。

第5条第3節(文中)

「標準ロータリー・クラブ定款第9条」とあるのを「第12条」に変更(2ヶ所)。

第8条(文中)

「新世代奉仕」を「青少年奉仕」に変更。

第9条(文中)

「また委員長は副委員長を任命することができる。」に改定。

1)から4)までの文末に「付する。」とあるのを全て「所属する。」に変更。

第9条 3)(文中)

「クラブ広報委員会 この委員会は、一般の人々にロータリーについての情報を提供し、クラブの奉仕プロジェクトと連携し奉仕活動を広報する計画を立て、実施するものである。この中には、公共イメージ委員会が所属する。」に改定。

第9条 4)(文中)

「奉仕プロジェクト委員会 この委員会は、地元地域社会および他国の地域社会におけるニーズに応える教育的、人道的および職業的プロジェクトを企画し、実施するものである。この中には、職業奉仕委員会、社会奉仕・新世代奉仕委員会、国際奉仕・青少年奉仕委員会が所属する。」に改定。

第17条

「本細則に定めのない事項は国際ロータリー定款、国際ロータリー細則、標準ロータリークラブ定款に矛盾しないものとする。」に改定。

附則

「2017年3月16日改定」を追記。

 

以上が改定点ですが、基本的には変わっていないと思います。先ほどの説明にもありましたように、歴代会長のご意見も含めて「出席やメークアップに関しても今まで通りに活動する」ということで進んでいくことになると思います。

休会については、定款に「祭日、または祭日のある週、年4回の特別休会…」ということが明記されていますが、これは「休まなくてはならない」ではなく「休むことができる」ということなので、その年度の理事会で決定すれば良いことだと思います。

この改定については、クラブ細則第16条に「本細則は、定足数の出席する任意の例会において、出席会員の3分の2の賛成投票によって改正することができる。」とありますので、3月16日のクラブ協議会で2分の1以上の出席を満たしていれば投票をして頂くことになると思います。従いまして、改定についてお気付きの点などがございましたらそれまでにご連絡ください。改めて検討したいと思います。

今後、クラブ運営上での問題点が生じた場合はその都度協議・対処するということですので、よろしくお願いいたします。

*定款 ロータリー組織の基礎となるRI定款、および加盟クラブ組織の基礎となるクラブ定款がある。

 

第1756回例会

会長あいさつ 吉田 孝会長

現在、当クラブには6名の女性会員がいますが、1989年(平成元年)の規定審議会で認められるまで女性は入会できませんでした。では、なぜ男性だけだったのでしょうか。

昭和45年頃に川崎ロータリークラブの会員が書かれたものによりますと「欧米では、パーティーや食事会の会場に女性が同席していると華やいだ雰囲気になるらしい。確かに洋画などを見るとそんな感じがする。女性が着席する場合は椅子を引いて座らせたあとで男性が席に着くとか、ドアの開閉は男性の役目だとか、それが男性の常識的な振る舞いらしい。でも、日本の男性は余り慣れていないし、気をつかうのはやめて気楽に男だけで集まろうということから”男性会員のみ”になったようだ」ということのようです。

 

卓話「職業奉仕について」

岡見健地区職業奉仕委員

 

 

 

 

 

ロータリークラブ創立時点では「職業奉仕」という理念はなく、アメリカの拝金主義に基づき「メンバーと仲良くしてお金を儲けよう」という考え方が根本にありました。3年たった1908年に入会したシェルドンは、その考え方に疑問を持ち始め仲間と意見を交わしながら、「この仲間とうまくやっていくには、お互いが奉仕しながら自分の仕事にプラスにしていく」という考え方にまとまりました。自分も利益を得、相手も損をせずに潤い、世間に認められて発展していくという、いわゆる近江商人の「三方良し」のような精神がこの3年の間に定着したことが、アメリカから発展した大きな要因になったのだと思います。そして1世紀以上も続くロータリーの礎となったのです。

そして1911年、ロータリーの精神として定着させていくことが認知されました。「最も奉仕する者、最も報われる」という言葉は、職業奉仕の精神を端的に表したものではないでしょうか。

職業奉仕はロータリーの奉仕活動の中で最も難解で、社会奉仕との区別が分からないと言われます。

例えば、ある獣医が公園の砂場に残された動物の糞を片付けたとします。その行動をはた目で見て「立派だ」と感じた人は、社会奉仕だと理解するでしょう。その行動を見て「自分たちの所もお願いしたい」ということにつながれば、職業奉仕になるでしょう。

1989年に「8つの職業宣言」がなされました。職業奉仕で特に重要なのは”道徳の規準”で、「自分だけが儲かれば…、自分さえ良ければ…」という考えは、職業奉仕の理念に反するものと思います。こういった境地になるのは仲々難しいことですが、ロータリー精神の中では「道徳観と倫理観が大切である」とされています。ロータリー精神がこれまで定着しているのは、この「職業宣言」があったからこそだと私は思っています。

その後2011年に「8つのロータリー行動」というものが創設されましたが、2014年に5つの修正が加えられて現在に至っています。「職業奉仕」の根幹にあるのは倫理観であり、これは”4つのテスト”が影響してくるのではないかと思います。自分が関わっている仕事が「クラブのメンバーや社会的にも皆に公平になっているか? 好意と友情の上にたって相手を尊重して行動しているか? 自分たちの行動が、本当に社会のためになっているのか?」と照合していくと、職業を通じてはたして社会にどれほど貢献できているのか再認識できるのではないでしょうか。

尊敬と信頼と信用は自分で得るものであり、当事者間で築き上げなくてはなりません。両者が経済行為の認識を持ち、職業を通じながらそうしたものが生まれるというのが「職業奉仕」と言えるでしょう。度々申し上げますが「自分がどうか、相手に対してどうか、世間にとってどうか」と常に問いかけていなくては職業奉仕の実践は難しいでしょう。貴クラブでの職業奉仕の精神を是非大きく育ててください。

『ロータリーの友』1月号に石﨑地区職業奉仕委員長の寄稿が掲載されていますので、今一度お読み頂ければ幸甚です。

第1755回例会

会長あいさつ 吉田孝会長

スーパーコンピュータの開発を手がけ、省エネ系スーパーコンピュータコンテスト「グリーン500」世界大会3連勝(2014~2016年)を成し遂げた方の著書の一部を紹介いたします。

人類が誕生して24万年。その歴史の中で、農耕や牧畜文化が生まれて人口が急増。次は、国家の成立や政治の確立期、さらに産業革命、科学革命、30年ほど前に起きた通信革命へと「人口急増期」が続き、次の急増期はもうそこまで来ているそうです。

また「人工知能とスーパーコンピュータが発達すると社会的特異点が必ず訪れる」と明言しさらに、ここ40年に起きたことは向こう10年の間に同じことが起き、次の10年の先は3年で起きると断言しています。40年前と言うと、コンビニエンスストアが誕生し、ビデオ録画機能が開発された頃です。

また、この先10年でガンが克服され、年をとらない薬や技術が開発されるだろうとも予測しています。

とにかくスーパーコンピュータの進歩は目ざましく、韓国では国政にAIを採用するというニュースも流れました。果たして、この先どのような「特異点」が起きるのでしょうか。

 

卓話「会員による卓話」

吉澤芳之会員

 

 

 

 

 

入会後、親睦・家族委員、プログラム委員と副会場監督、そして2014(平成26)年7月から1年間はプログラム委員長、同時に創立35周年の事業委員として動くことになりました。このときの経験が今でも役立っていると感じています。

そして昨年は親睦・家族委員長として、横浜の老舗荒井屋さんでの食事、2回目はシンフォニークルーズを計画しましたが満足して頂けたものと思っています。そして、年末会員家族親睦会では「100人参加」を目ざしましたが、実際は85名ほど。再度役目を与えられればまたチャレンジします。

今年は国際奉仕・世界社会奉仕委員長ですが、ロータリーと深く向き合い始める機会を授かったと感謝しながら残り半年間を事業達成に努めます。入会して4年半、諸先輩と比べればまだ若輩ですが、このクラブの会員になって本当に良かったと思いますし、増強に際してもこのクラブへの入会を自信をもって勧めることができます。

「奉仕とは見返りを求めずに人に尽くすこと」と言われますが、私にとって永遠の課題だと受け止めています。何とか一歩でも近づけるように活動していきたいと思います。そして「陰徳の美学」を実行できるロータリアンを目指して参る所存ですので、ご指導をよろしくお願い申し上げます。

 

 

安藤譲会員

 

 

 

 

 

 

弊社が携わっている指定管理について簡単に説明させて頂きます。

入札については皆様がよくご存知だと思いますが、指定管理は、自治体で11月に行われる議会で業者が決定できるように、現地での施設説明会を夏に実施します。参加業者は、100ページほどにもなる提案書を9月頃までに作成し、選定委員会に間に合わせます。その内容は、施設の運営方法、住民への還元策、安全対策などを網羅したものです。10~20名の委員が並ぶ会場で、各社のプレゼンテーションが行われ、決定に至ります。決定の書類が届くと前会社との引き継ぎや、自治体との基本協定書や年度協定書の締結に移ります。

この指定管理者制度は、小泉元首相の提唱によって平成18年度から始まったものです。現在、弊社では県内の小田原市、三浦市のほか静岡、長野、愛知、兵庫、滋賀の各県で体育施設やプールなどに特化した形で進めています。国内では病院や公民館、図書館などでも指定管理制度がとり入れられています。

これからも多くの情報を基に、確実性を追求しながら進めて行きたいと考えています。

皆様のご支援をもちまして何とか委員長を努めています。本当にありがとうございます。これからもお力を貸りながらロータリー活動をしていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 

金宮秀典会員

 

 

 

 

 

弊社の営業品目である畜産について話をさせて頂きますが、現在取扱い量が多いのが豚肉。豚肉は生後6ヶ月、牛肉は30ヶ月で食用として出荷されます。鳥インフルエンザが発生すると殺傷処分して土に埋めて鶏舎を消毒しますが、60日で食肉として出荷できるため復帰は早く、牛は相当な日数を要します。1998年に日本で初めてBSEにかかったことがあり、大きな問題となりました。復活させるためには、子牛から育てなければならず、種牛を作るのに最低5年、見分けるのに10年、復活まで最低でも20年かかると言われ、種牛が順調に育っていないため日本では今でも完全に復活していません。

日本人の年間食肉平均消費量は約32㎏(肉8、豚13、鶏9、他2)で、アメリカ人はその3倍だそうです。日本の人口は減少していますが、豚肉の消費量は伸びているようで、これはダイエットを気にする若年層より中高年層の需要が多いということでしょう。豚肉と鶏肉は、不飽和脂肪酸の働きによって、食した瞬間から体内の各種悪玉菌を消化時に一緒に排出してくれます。ちなみに、豚肉と一緒に炭水化物を食べると太りがちになるようで、野菜と一緒に食べるととても健康に良いそうです。逆に牛肉は体内に残る傾向があるとされています。

これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

第1754回例会

会長あいさつ 吉田孝会長

先日の「第9グループIM・合同例会」も滞りなく終了し、安心いたしました。出席された皆様、計画から運営に携って頂いた方々に御礼申し上げます。

さて、トランプ氏が大統領に就任しましたが、新しい時代の幕開けなのでしょうか?日本も戦後72年になり、いままでの歴史を見ますと、70~80年周期で世の中が変わっているようです。

余談ですが、天皇の退位に伴い新しい年号に変わりそうです。この年号の決め方ですが、明治がM、大正がT、昭和がS、平成がHと、アルファベットで省略表記しても重複しないようにしているそうです。さて、次は何になりますでしょうか?

先日、昨年12月末をもって退会された山岸元会員宅へ、立川幹事と一緒に記念品を届けに行って参りました。話の中で「30年在籍、現幹事のお父さんが幹事の年に入会し、子息が幹事のときに退会です」とおっしゃっていました。

皆様によろしくお伝えくださいとのことでした。

 

 

卓話「キューバの話」神谷操会員

 

 

 

 

 

今回は私を含めて4人のメンバーで、独自に計画したコースで思いきり楽しんで参りました。キューバへは羽田からトロント経由で16時間、帰りは18時間です。現地通貨は、観光客用のペソと現地人が使う人民ペソがあります。物価は日本とほぼ同じくらいでしたでしょうか。

ハバナで4泊、世界遺産の街トリニーダで1泊の行程で、社会主義の国なのでホテルサービスを懸念しましたがとても友好的でした(ただし、インターネットの使用環境はお世辞にも良いとはいえません)。

私はキューバのお酒を味わいたくて、早速文豪ヘミングウェイが推奨した「ボキータ」という店でモヒートを、「フロリーダ」という店ではダイキリを注文したのですが、どの店も観光客でいっぱい。国産のビールはクリスタルとブカネロの2種類ですが、私たちの間では断然ブカネロでした。

ヘミングウェイが愛した席には銅像が置かれ、写真をとる観光客が絶えることはありませんでした。

滞在中は現地のシーフード料理、イタリアン、スペイン料理を食しましたが、食事をしている傍らで生演奏してくれ、楽しい時間になりました。キューバ料理はトマトで煮こんだ肉、黒豆を混ぜて炊いた米、バナナをつぶして揚げたものなどでしたが、なかなかおいしかったです。

お寿司のメニューにひかれて注文しましたが、何だか拍子抜けして私の口には合いませんでした。また、中華街にも足を運んで注文したのですが、友人く”アメリカで食べる中華料理の味”だとか。

旧市街の大部分の建物の外観はきれいに塗装されていますが、内部は昔のままの姿が残されていました。アメリカとの国交回復によって資本が入ってくると、開発されて旧い町並みがなくなってしまうだろうと言われ、私たちも「今のうちに…」という思いから今回の旅を思い立った次第です。

大使館などではベンツのような車も見かけましたが、街を走る車は旧型車ばかりで、私たちが利用したクラシックタクシーもきれいに内装が施され、乗り心地も最高。国営タクシーよりも安く、料金も日本と同額程度です。

音楽が好きな人、お酒が好きな人、食べ歩きが好きな人、キューバ音楽「サルサ」が好きな人…多様な趣味をもつ仲間との旅でしたが、リフレッシュできて思い出がいっぱい残りました。

旅先でブラウン・ラムをお土産に購入して参りました。現地の男性はロックで飲んでいましたが、このあとの懇親会で是非ご賞味してみてください。

 

第1753回例会

「2016~17年度国際ロータリー第2780地区第9グループIM・合同例会」は小田原中ロータリークラブがホストクラブとなり、1月16日(月)14時30分より湯本富士屋ホテルにて開催。プログラムにそって進行されました。

 

 

 

アイ・エム(Intercity Meeting)…近隣都市の数クラブが集まって開かれるロータリーの会合。

また、これに先立ち小田原駅と箱根湯本駅で「ポリオ撲滅の街頭募金」を行いました。

 

歓迎の辞

吉田孝小田原中ロータリークラブ会長

 

 

 

 

 

本日ここに「第9グループIM・合同例会」を開催し、皆様をお迎えできますことに、ホストクラブを代表して厚く御礼申し上げます。また、早期からこの日のために計画に携わって頂いたIM実行委員の皆様に心より感謝いたします。

昨年、髙田ガバナー補佐より『輝く瞳に会いに行こう』という1冊の本を頂きました。これは、本日講演をして頂きます原田義之様の著書ですが、その内容に感動して小田原中ロータリークラブの会員にも勧めました。読後、私は「自分たちにも何かできるのではないだろうか」と思いながら、新たな奉仕にチャレンジしよう」というテーマで今回のIMを実施することにいたしました。

また、あるとき「世界の名スピーチ集」というサイトを見ていて、2014年にノーベル平和賞を受賞したパキスタンのマララさんの言葉を見つけました。

「銃はすぐ与えられるのに、なぜ本を与えるのは難しいのか?戦車は作れるのに、どうして学校を作るのは難しいのか?」というスピーチです。

私はこの言葉を聞きながら、ロータリアンとして「遊興費は出せるのに、何で奉仕活動への出費がなかなかできないのか?」と問われているような気持ちになり、反省している次第です。

講演終了後、皆様から寄付を募り原田様の活動支援としたいと考えておりますので、意図をご理解頂き募金へのご協力をよろしくお願いいたします。

最後になりますが、この日が皆様にとって有意義なものとなりますよう祈念いたします。

 

 

講演「輝く瞳に会いに行こう」

 

原田義之様   

私は福島県の生まれで、国際ロータリークラブ第3360地区(北タイ)チェンライロータリークラブ2013~14年度会長を務め、現在はタイ国国立ダムロンラートソンクロ高校日本語教師の傍ら、タイ少数民族アカ族の識字率向上へ向けた就学支援も続けています。

私がこの奉仕活動を始めるきっかけとなったのは、国際ロータリークラブ第2680地区の兵庫・高砂青松ロータリークラブに入会して5年目、国際奉仕委員長として活動していたときのことでした。仕事でタイ・バンコクに出張中に、たまたまホテルのテレビでバンコクの奉仕団体から北タイ・チェンライの小学生に図書が寄贈される光景を目にしました。引率の先生は朝の農作業を終えたばかりの格好で、子どもたちはボロ服で半数は裸足のままでしたが、その本を受け取る子どもたちの笑顔と目の輝きがとても印象的でした。

私はその映像を目にしたとき、越後長岡藩の「米百俵」の話しが思い浮かびました。幕末の北越戦争に敗れた長岡藩は支藩から米百俵を譲り受けたのですが、藩士たちは日頃の困窮から米の配分を要求しました。しかし、当時の代参事役だった小林寅三郎は「食べてしまえば無くなってしまう。これを教育に充てれば、一万俵にも百万俵にもなる」と言って売却して藩校を建てた、というあの有名な話です。

高砂青松ロータリークラブでは、当時①会員が集めた古切手を換金して奉仕する。②10万円の奉仕金を地元の国際協会へ寄贈する。という2つの国際奉仕事業を実践していました。テレビに映し出された子どもたちの輝く瞳が脳裏から離れなかった私は、この10万円の奉仕金で北タイの子どもたちへ図書を贈ろうと考えました。私は「10万円でも、為替と貨幣価値の違いから50万~60万円相当になる。貧乏でも裸足でも、あの輝く瞳の子どもたちに科学を、音楽を、文学を、あらゆる知識を学ばせたい」という強い思いに掻き立てられ、その週末には830km離れたチェンライへ向けバンコク空港を後にしました。

ホテル到着後、ロータリアンである私の話を聞いて頂ける機会があり、思いの全てを語りました。ロ

ータリーに入会して29年になりますが、「1cm50gのバッジ」の意義をこのとき初めて感じました。

以来15年間で36校に図書を贈り続けましたが、正直のところ相当苦しかったのは事実です。15年の節目に山岳民族の小学校へ特別寄贈、贈呈式でアカ族の青年アリヤさんと運命の再会をしました。というのも、彼は私が初めてチェンライを訪れたときに現地のRCが手配してくれた通訳でした。彼は自ら差別待遇された経験と危機に直面しているアカ族の子どもの現状を涙ながらに切々と私に訴えました。「何とか助けて欲しい」と懇願する彼の願いを受け入れ、支援を決意。当時64歳だった私は「奉仕の心を、奉仕を行動で」の指針のもと、奉仕の人生に生きる舵取りをしたのです。

こうして、大きな夢に向けての「64歳の手習い」は始まりました。北タイに行って平日は日本語を教えて週末はワヴィ村で母国語のタイ語を教えるために、日本において昼間はボランティア日本語教師講座を受講、夜はタイ語教室へ通い準備をしました。そして目途が立った1年後、日本語学科を有する国立ダムロン高校の校長に採用を直訴し、ボランティアで日本語教師を始めることになりました。

ここで、アカ族について少し説明させて頂きます。アカ族は今から800年ほど前に中国・雲南省の平野部で生活を営んでいました。1274年に日本が蒙古の襲撃を受けた()ように、アカ族もまた蒙古に襲撃されチベット方面に逃げ込みましたが、その過程で身につけたのが焼畑農業です。彼らは焼畑農業の回遊民族として、約100年前に北タイに達しましたが、第二次世界大戦後に国境ができてタイ国民となったのです。しかし、生活手段である焼畑農業が禁じられ、移動も禁止、それまでのアカ語は使えずタイ語の使用のみ――こうした制約は彼らを苦しめ、死の宣告にも等しい民族差別が始まったのです。

学習して習得しなければタイ語は使えませんが、家庭的・経済的事情でアカ族の子どもたちは就学が困難です。識字率ゼロで無識字のまま成人しても就職も困難。無学、無識字なるがゆえに人にだまされ、利用され、人生を誤って麻薬の運び屋、売春、エイズキャリヤーなどの”悪の予備軍”に染まる子もいます。また、この地域は歴史的・地勢的に麻薬取引地帯として有名な「ゴールデン・トライアングル地帯」で、タイ語に対するアカ族婦人の識字率が非常に低いことも”悪の予備軍”を生んでいる要因の一つと思われます。

私は、地道な「就学と識字率向上支援」こそがアカ族の子どもたちを”悪の予備軍”から救う道だと考えています。輝く瞳の子たちを”悪の予備軍”にさせてはならない――この強い思い一途に、私は今日までアカ族の子どもたちに「識字向上支援・就学環境支援・自活サイクル支援」を、北タイの子どもたちには「水プロジェクト支援・日本語&日本文化

体験支援」を、北タイの貧困学生に「日本留学支援」

をして参りました。この「就学と識字向上支援」に、多くの日本のロータリアンが協力してくださるようになりました。

平和を阻害しているのは差別と格差。世界には、日本の格差などの比ではない現実が存在しています。それは民族、言語、貧困、医療の格差であり、その差別と格差を無くすために、私たちロータリアンは、世界平和の時代を希求して行動しているのです。

私は、北タイの子どもたちの「民族・言語・貧困の格差」を助けます。生涯現役・生涯ロータリアンとして、行動する国際奉仕で北タイの子どもたちを「奉仕の心」をもって支援し続けるつもりです。

私の拙い話が、各クラブで新たな奉仕にチャレンジするきっかけとなればとても幸甚に思います。

 

 

質 疑 応 答

Q.日本のロータリークラブでは国際奉仕活動に力をいれていますが、タイのロータリークラブでの国際奉仕についてお聞かせください。

A.日本とタイ、言い換えれば先進国と後進国という立場なので、その姿勢は全く異ります。奉仕する側とされる側と言えます。東日本大震災のときに日本が支援を受けたぐらいで、タイには「奉仕する文化」は無いといえるでしょう。

Q.講演を拝聴いたしまして、とても感銘をうけました。タイ語を学んだ子どもたちは、将来どのような道へ進むのでしょうか。

A.一人を対象にした奉仕は、ロータリーの意図するものではないと思います。団体あるいはグループへ平等に奉仕するものであると思いますので、個人のその後の情報までは把握することは不可能だろうし、私も関わってはおりません。

 

 

寄 付 金 贈 呈

会場で支援募金活動を行い、寄せられた20万9,850円を贈呈いたしました。

 

 

第1752回例会

会長あいさつ 吉田 孝会長

新年明けましておめでとうございます。皆様、年末年始をいかが過ごされましたでしょうか。本日、こうして皆様とともに新しい年を迎えることができましたことをとても嬉しく思い、残る半年間へ気を引き締めた次第です。

休み中に「過去の名スピーチを集めたサイト」を検索していたところ、アメリカの映画俳優D.ワシントンがご子息の大学の卒業式で若者に発したスピーチがありました。彼は、失敗の連続だった人生をふり返りながら「失敗する時は前向きに倒れよう。失敗を受け入れようとする度胸があるかどうかが重要なポイントであり、失敗しないということは挑戦すらしていないことに等しい。才能や財産は死後の世界へ持っていくことはできないのだから、それを必要としている人に与えることを考えるべきだ」というようなメッセージを残しています。

その内容は勿論ですが、家庭にいてただ座わっているだけでスピーチが読め、さらに映画を観ることができるというシステムに感激しました。

トランプ氏の大統領就任、欧州諸国での選挙と国の内外を問わず政経界ともに”不確定要素”が集まった1年となりそうです。

今年は酉年、当クラブも創立40周年に向けて大きく羽ばたいて行きたいものです。引き続きご協力をよろしくお願いいたします。

先ずは、ホストクラブとして開催する「第9グループIM」を成功させましょう。

 

このあと会場を移して、宮古会員の進行で「新年賀詞交歓会」が行われました。

 

 

 

 

 

 

第1751回例会

会長あいさつ 吉田 孝会長

 

 

 

 

 

本日はいつもの例会と違い、会員のご家族を前にして緊張しています。今回が上半期最後の例会となり、何とか6ヶ月が終わろうとしているので少し安心しています。これも会員皆様のご協力によるものと感謝しています。

今年は、イギリスのEU離脱に始まりアメリカ次期大統領選に至るまで、世界情勢が大きく変化しました。

ロータリーにおいても、先の規定審議会での変更が承認されたことにより、緩やかな変化がみられました。先日、地区より「細則改正案」が届きましたが、かなり大胆に緩やかになっているように感じました。クラブ細則の変更も2月を目途に進めて参りたいと思っています。また、その前のIMは当クラブがホストですので、是非成功させたいと思いますので、合わせてご協力をよろしくお願いいたします。

今回の計画をして頂いた親睦・家族委員会の皆様にお礼申し上げるとともに、参加された皆様には、時間の許す限り楽しんで頂ければ嬉しく思います。

なお、本日、金宮会員より特製ハムが、宮地会員より特選カニの盛り合わせが提供されました。ありがとうございました。

 

幹事報告 立川公一幹事

会長あいさつでもありましたように、今日が本年度最後の例会となります。次週の22日は休会ですので、例会場へ足を運ばないようにお願いいたします。

なお、次回例会は、年明け1月5日の「新年賀詞交歓会」で、会場はホテル河鹿荘となります。ご注意ください。半年間ありがとうございました。

 

年末会員家族親睦会

例会終了後、年末会員家族親睦会に移り、髙﨑章人親睦・家族委員の司会進行により、次第にそって進められ楽しいひと時を過ごしました。

開会の言葉…田中政吉副会長

会長あいさつと次年度会長紹介…吉田孝会長

次年度会長あいさつ…阿部正弘会員

 

 

 

 

 

乾杯の発声…内田治光直前会長

(歓談)

アトラクション…スベリー・マーキュリーさん

プレゼント抽選会

合唱…ロータリーソング「手に手つないで」

(ソングリーダーは飯山真会員)

閉会の言葉…峯一喜会員(会長ノミニー)

第1750回例会

techfestival.ir
groentemakers.nl
frau sucht mann whatsapp
rencontre anglais traduction
social per conoscere gente
souqcars.com
nätdejting hp
dejtsidor
svguide.com
dejtingsajter för ensamstående förälder
match date to day of the week
tdpvm.ru
windows live messenger chat login
seefels.co.at
free online dating site malaysia
rubioag.ch
finya online dating websites
grippeaktuell.de
polyxenis.gr
fare siti internet
brightsparks.org.uk
dejta i new york hyra
aose-tutor.de
chassealapalombe.fr
msn dejting se eniro
hagiva.co.il
rencontres amoureuses mali
test av dejtingsajter finland
restauranteelcanal.com
rencontre femme draveil
hamber.de
apv-migeod.de
dejting för 60+
ruperthauer.at
annunci org torino
festival grande rencontre montreal
0afa2d5915.url-de-test.ws
cegledfuvos.hu
elite-energytech.com
sms mij date
sito per incontrare konjugation
valentine's day single london
dejting på nätet youtube
dejtingsajt norge lön
klaninsight.ru
rencontre agriculteur belgique
siti incontro senza abbonamento vodafone
policiers viol prostituée
stiplight.com
citroen-sm-club.de
bestrahwaylocksmith.com
decorstucco.ru
sajt za dejting jämtland
fattoriadeangelis.com
agenzia matrimoniale italia
zaalverhuur-boskapel.nl
dejta japan billigt
classiccarsart.com
incontri per coppie
gartenwirtschaft-lerchenhof.info
responses to online dating profiles
date app berlin
gratis dejtingsida flashback inlägg
rencontre de justin bieber et selena gomez
free dating sites lubbock tx
rebuzzi.com
incontri donne pesaro
rencontres investisseurs
rencontre ado bi
gay speed dating los angeles
graine de prostituée chusei sone
hotel-cathedrale.fr
prostitute catcher in the rye
hostel-vip.ru
club rencontre europe
site d rencontre nice
the-plug.de
celeris.cl
rencontre sur macon
bestparkvillelocksmith.com
marketingwithericlovelace.com
os.jetsport.be
muslim dating sites cape town
avtoliga-60.ru
mbspro.com.pl
santanvalleys.com
frajole.de
dorampy.pl
billows.jp
dejta någon utan barn
thomas-walter.name
dejtingsajter 50 talet
enerit.com
pbfphotography.com
incontri personali sassari
canadian online dating site
varouj.ir
inphic.com
wikramanayake.com.au
stockhideout.com
rencontre boulangere
spinozabeachhouse.com
associazioni per single
camionnette prostituée
luch-perm.ru
terrencejohnhadlergallery.com
chat incontri gratuita
kfz-gawenda.de
rencontre serieuse savoie
markoil-ao.com
single chat kostenlos ab 18
rencontre extra conjugale
siti di incontri ravenna
poker et rencontre
eduardomoody.com.br
online canada dating site
starta en dejtingsida gratis
serg7za.myjino.ru
siti di incontri vicenza
enovresearch.fr
hertfordshire-builders.co.uk
rencontres amoureuses montfermeil
flypacificcoast.com
german top 100 single charts 2013 viva
rencontre transsexuel au canada
caribbeanrado.com
free online dating sites for mobile phones
annunci per adulti genova quarto
rencontre tahiti love
bologna uomo cerca uomo
partnersuche online gratis youtube
single south african ladies bbm pins
gratis dejting nummer queen
rencontre femme senior gratuit
blog-interfor.fr
dejta upptagen tjej
kesgroup.ru
dejting i halmstad quiz
rencontres fnac nice
deti1315.ru
documentacionsanitaria.es
bästa dejtingsidan snygg
dangocbich.com
sites de rencontres pour adolescent
llamada-de-medianoche.com
best free dating sites miami
rencontre first affair
sprüche 40. geburtstag frau kostenlos
kaitag.ru
solarps.nl
site de rencontre gratuit pour ado en france
lalocata.com.ar
date coach jobs
amabel-designs.com
rencontres saint pierre et miquelon
application rencontre gay iphone
dejta vän unibet
listen to live chat rooms
animalfeed.hu
les rencontres du management de projet
description humoristique site de rencontre
kropsterapeut.nu
mike-krumlauf.com
100 free european dating sites
online christian dating for christian singles christian mingle
xn--80aantlzm.xn--p1ai
prostituee montreal
migliori chat gratis
rencontre dentelle cabourg
rencontre camiers
auto-serwis.olsztyn.pl
pulsa-elektronik.com
kanglim1256.ru
gadbiblian.gob.ec
dejta osäker streaming
les prostituées au cap-vert
recherche rencontre algerie
best places to live in new york city for singles
netperception.de
christian dating site switzerland
numbrs-it.com
faire un site de rencontre
rencontres tarn et garonne
singlebörsen deutschland kostenlos
eroticartfair.com
annunci donne pesaro
elementindustrial.com
lalalahumhum.com
prostituees rue st denis paris
ragazze a roma
victoriasound.pl
stonebud.eu
tips på presentation till dejtingsida
pokojeopal.pl
bedragare på dejtingsidor
diplomatsassembly.co.za
bsgmelio.ru
creosolar.com
best free dating melbourne
luckoneproperties.com

第1749回例会

会長あいさつ 吉田 孝会長

先ず、「規定審議会の変更事項に対しての反対結果」が発表になりましたのでお知らせいたします。

現在、世界には35,399のロータリークラブがあり、会員は120万8,000人近くになっています(日本は2,265クラブで88,900人です)。これらの5%が反対であれば、今回の変更は保留となります。

「例会は月に2回以上でよい」…196で0.05%、

「祝祭日のある週は、例会を休会とする(定款の変更)」…32で0.0009%、「会費の値上げ」…409で

1.16%、いずれも5%には届きませんでした。

話は変わりますが、私の会社から発送業務を委託している会社へ顔を出して参りました。千葉県柏市で営業していて古くからの知り合いですが、今は一部上場となり、600坪ほどの作業場で約80人の社員が作業をしていました。自動化も進み1日に5,000~7,000件の出荷数があるそうです。「経営の進め方次第で大きく伸びる」ことを実感しつつ勇気をもらい、新たな挑戦への夢と希望が沸いてきました。

 

 

卓話「潜水艦について」

古宇田和夫様(記念艦「三笠」保存会、軍事・外事関係アドバイザー)

 

 

 

 

 

(個人情報等が含まれる為、内容を省略しておりますのでご了承下さい。)